メインイメージ画像

教育アプリの誕生は地方と都会の格差をなくす革命です

スマホがあると便利な世の中になりました。現在はスマホが普及してきたので何もかも可能になりました。スマホは小さなコンピューターのようなものですから、多くの問題を解決してくれます。

教育についてもそうです。スマホで予備校の授業のビデオを見られたり問題などを解いたりする事が出来るようになりました。

こうしたアプリをなどインストールしておけば問題をオートでスマホに送信してくれますので、効率的に勉強が出来る世の中になって来たという事です。昔は大学受験の勉強というと、参考書を用いて勉強したり、英和辞書を用いて単語を調べたりするというのが一般的でした。でも辞書は電子辞書になり、参考書もスマホのアプリで勉強可能になったのです。

これは色々な意味で大きい革命です。一番の革命は教育の地域格差がなくなることです。

スマホがない時代、田舎の高校生は、予備校などは存在していませんので、自分で教科書を使って勉強するしかありませんでした。この点が要因で都会の高校生と学びの差が結構開いていたといわれています。スマホの普及で今後益々格差が縮まっていくと推測されています。その他に安くこうした授業を受けることが可能という点です。予備校の授業というとかなりお金が掛かるなどというイメージがありますが、教育アプリは月々3000円以下で利用出来るものも沢山ありますので、あまり裕福な家庭でなくてもやる気さえあればかなり高レベルな大学に入学できる時代になって来たということです。

スマホというと高校生がSNSなどに夢中になってしまい勉強時間が少なくなると批判されています。確かにそのようなデメリットはありますが、むしろ勉強するための道具が安価に手に入るようになったといった面では、かなり利点があると考えた方が良いと思います。また最近はスマホで回答して、それを業者が添削してくれてあるがままに帰ってくるというサービスも出現しています。以前は添削に結構時間が掛かり1か月くらい待っていましたが、これからはすぐに結果が返ってくるようになります。

更新情報